ブライダル関係のあれこれー結婚式で知っておきたい知識ー

電報の工夫

結婚式や披露宴に新郎新婦をお祝いするものとして、祝電を贈ることは長い間行われていました。そのなかで新郎新婦に喜ばれる電報の一つとして、ぬいぐるみ電報があります。 ぬいぐるみは形に残るものですし、子どもたちにも喜ばれます。有名なところで贈るとほかの人と重複してしまう場合がありますので、インターネットなどで新郎新婦のイメージにあうものを探すなどの工夫をするとよいです。さらに、結婚式当日は会場も大変忙しいですので前の日に届くように手配しておくと安心です。当日飾ってほしいと思うのでしたら、ガーデンウエディングなどではぬいぐるみ電報を飾ることができない場合もありますので、事前に会場に確認しておくと安心です。

結婚式や披露宴で祝電を贈る時、ぬいぐるみ電報で贈ることは文章だけの電報よりも形に残るものですので新郎新婦にとっても印象深いものになります。 会社を選ぶなど工夫することによって、よりコストを削減することもできますし、あまり普通の結婚式では見かけないようなめずらしいぬいぐるみ電報を贈ることができます。 そのほかにも、メッセージを工夫することによって新郎新婦をより思いやりお祝いの気持ちを表すこともできます。新郎もしくは新婦との関係やその人柄がわかるようなオリジナルなメッセージを入れることによって、より心に残るものになると思われます。 このように、儀礼的に電報を贈るのではなく工夫することによって新郎新婦の結婚をよりお祝いできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加